カレッジについて

理事長あいさつ

300DPIimg005 東日本大震災からの復興に向け、本市におきましては、市民の皆様の安全・安心を最大限に確保し、震災前にも増して活力に満ち溢れたまちの創造を目指し、全力で取り組んでいるところであります。

 このような中、あらゆる産業に浸透している情報処理技術は、本市の復興を実現する上で、欠かすことのできない分野となっております。

 いわきコンピュータ・カレッジは、情報処理社会における人材育成を目指し、平成3年の開校以来、優秀な情報処理技術を有する多くの人材を社会に輩出しており、卒業生は、その習得した技術を活かして、いわき市内はもとより、県内外において活躍しています。

 また、本カレッジは、企業等の各種ニーズに対応したコンピュータ関連講座や市民向けパソコン講座等、多様な地域貢献事業も実施しております。

 今後もさらに、高度情報化社会に対応できる情報処理技術者を養成するとともに、地域経済の復興・発展を担う人材の育成に努めて参ります。

理事長(いわき市長)
清水 敏男