カレッジ外観

いわきコンピュータ・カレッジは、厚生労働省が情報処理技術者の養成を目的として全国に設置したカレッジのひとつです。
地域の産業を支える情報技術者を養成する施設として平成3年4月に開校いたしました。
運営は職業訓練法人いわき情報処理開発財団が行い、国、福島県、いわき市、浜通りの市町村および関連企業から絶大な支援を受け、21世紀をになう若者を養成しております。 卒業生は社会のあらゆる分野で活躍しております。

教育の方針

理念

いわきコンピュータ・カレッジは職業能力開発促進法の基本理念に則り、社会や時代の変化に対応し、高等学校卒業生以上の学生並びに社会人・職業人等を対象に、地域社会・企業や産業界・学生等の実態及び希求を十分に踏まえ、コンピュータ・情報処理に関する知識・技術を教育・訓練し、もって地域社会、情報社会の進展に貢献・対応できる人材の育成を図ります。

目標

  1. 学生・受講生等の個性・能力・適正に応じた教育・訓練を通し職業能力を身につける。
  2. 情報社会に適応したコンピュータの利活用能力を最大限に発揮する力量を獲得する。
  3. その力量を適切・有効に発揮できるよう、情報処理技術者試験をはじめとする各種資格を取得する。
  4. 同時に人間的・社会的に豊かな人間性を身につけ、社会に貢献できる活動や体験等を通して必要な資質・態度・能力を育成する。
  5. 企業等在職者の現場のニーズに即応した技術訓練を通して職業人としての能力の更なる向上を図る。

沿革

平成2年4月1日いわきコンピュータ・カレッジ開設準備室設置
平成2年6月7日労働省より設置に関する決定通知
平成2年8月23日運営母体である職業訓練法人いわき情報処理開発財団設立
平成2年9月1日学生募集開始
平成2年10月18日第1回推薦入学試験
平成2年10月23日校舎建設のための起工式
平成3年4月12日開校式並びに第1回入学式
平成3年4月15日仮校舎にて授業開始
平成3年8月29日新校舎落成式
平成4年10月29日第1回文化祭
平成5年3月16日第1回卒業式
平成5年7月31日教室等新築工事竣工
平成7年10月13日創立5周年記念校章制定
平成7年11月24日創立5周年記念高名表示塔除幕式
平成7年12月15日創立5周年記念誌「五年の歩み」刊行
平成8年6月11日第1実習室改修工事竣工
平成8年8月28日第1回電子計算機システム機器更新
平成13年8月31日第2回電子計算機システム機器更新
平成13年11月22日創立10周年記念講演会、記念碑建立(保護者会)
平成19年8月29日第3回電子計算機システム機器更新
平成19年9月3日新訓練システム稼働式
平成23年3月10日第19回卒業式
平成23年3月31日独立行政法人雇用・能力開発機構からの委託終了
平成25年3月14日第21回卒業式
平成25年8月第4回電子計算機システム機器更新
平成30年8月第5回電子計算機システム機器更新
平成31年3月15日第27回卒業式